BLOG

感動

5月 17th, 2021

こんにちは、居宅介護支援事業所の岩城です。

以前このブログで「老化予防のカキクケコ」というテーマで投稿させていただきました。柴田トヨさんの詩から何歳になっても「コ」恋することの大切さを書かせていただきましたが今回は「か」感動することについて書かせていただきます。

この1年余り連日ニュースやワイドショーで新型コロナウイルス感染拡大が報じられています。新規感染者数が過去最多、重症者や死者が過去最多いくらか減少に転じても〇日以降最多、〇曜日の数字で最多等と不安が煽られています。自粛生活が続きスポーツやコンサート、映画等のイベントも無観客や人数制限され私たちは暮らしの中で感動する機会が少なくなっているように思います。そして気持ちが落ち込んだりイライラすることが多くなり社会全体の老化が進んでいるように感じられます。しかし制約の多い暮らしの中でもよく見ると感動の種はあちらこちらに転がっています。

NHKの朝ドラ「おちょやん」が先週最終回を迎えました。この半年間私はこのドラマから数えきれない感動をもらいました。ご存じの方も多いとは存じますが少しストーリーをふり返りましょう。主人公竹井千代の人生は波乱万丈、筆舌に尽くし難い苦難の連続でした。9歳で親に捨てられ帰る家が無くなります。奉公先で苦労の末に手にした僅かな貯金や周りの信頼はひどい父親に奪い取られてしまいます。その後も身体的、精神的、経済的虐待が続きました。苦労の末にようやく報われたかに思えた結婚生活は夫の浮気と相手の妊娠によって破綻し千代は再び家庭と家族を失ってしまいます。史実によると主人公のモデルとなった方は何度か自殺を図るほど追い詰められたそうです。しかし、そこを乗り越え再び役者として歩み始めた千代の生きざまは見る者の心を大きく揺さぶりました。半年間、115回の放送の内ラスト15回の感動はすさまじいものがありました。家庭と家族を失うことで始まったドラマは最後に千代がかけがえのない家庭と家族を得ることで幕を閉じました。自分を追い出し家庭と家族を失う原因となった継母、栗子と再開し姪の春子と三人で暮らすようになったある日、栗子から「血のつながっている春子を守ってやってほしい。」と頼まれた時の千代の言葉がこのドラマのすべてを表していると思いました。「ほんまあほやな、何もわかってへんわ。血がつながっていようといまいと、そないなことどうでもよろしいのや。春ちゃんはもう、うちの大切な家族だす。一生うちが守る。・・・、栗子さんもやで。」

家族、愛、赦しそして泣き笑いについて本当に多くの感動をもらったドラマでした。前作の「エール」も良かった。今週から始まる「おかえりモネ」にも新たな感動を期待しています。


母の日✿

5月 11th, 2021

こんにちは、グループホームです。

風薫る五月、日中は汗ばむほどの陽気の日も多くなりましたが、皆様いかがお過ごしですか。

依然として、コロナウィルスの感染拡大が続いており、大阪府下でも5月末までの緊急事態宣言の延長となりました。グループホームでも、引き続き感染予防対策の徹底に努めて参りたいと思います。

さて、グループホームでは5月9日の母の日に入居者の皆様に日頃の感謝の気持ちを込めて、手作りのカードをプレゼントさせて頂きました。また、家族様からも母の日のお祝いにお花やプレゼントが届けられ、皆様とても喜ばれていました。

「いつも、ありがとうございます♡」

皆様、素敵な笑顔を見せて下さいました(*^_^*)

これからも皆様の日常のご様子や笑顔をたくさんお届けしていきたいと思っています。


誕生日会

5月 4th, 2021

こんにちは特養です。

桜も散りすっかり葉桜になり、早くも走り梅雨を思わせる天気が続いておりますが皆様お元気でお過ごしでしょうか?

コロナウイルスに伴い今月も各階にて誕生日会を催しております。合同誕生日会より小規模にはなりますが、その分ご利用者様に寄り添った誕生日会になったかと思います。

誕生日に用意したプリンを美味しそうに召し上がられ笑顔も見られておられました。誕生日プレゼントをお渡しすると喜んでおられます。

御家族様にはご協力して頂き、誠にありがとうございます。引き続き、ご迷惑お掛け致しますが、御協力の程宜しくお願い致します。

 


二刀流で頑張っています!

4月 25th, 2021

こんにちは。デイサービスです。

コロナウイルスの感染拡大の勢いは依然収束の気配がみえず、再び大阪府下に緊急事態宣言が発令されました。デイサービスでは感染予防対策を徹底しておりますが、ご利用者様に安心・安全にデイサービスをご利用していただけるように、引き続き感染対策を徹底してまいります。

さて、デイサービスでは様々な制作レクに取り組んでいます。制作レクは作品の出来上がりを楽しんでいただくことはもちろんですが、細かい作業を行うことで、手先を動かす訓練にもなります。また、制作の過程を考えることは、脳の活性化にもつながります。

今回はデイサービスで人気の制作レクをふたつ紹介します。

ひとつめは毎月の「カレンダー制作」です。カレンダーをご自宅の玄関やお部屋に毎月飾ることを楽しみにされている方も多い、人気の制作レクです。「誰でも参加できる」をモットーに、比較的簡単な作業で完成できるように、毎回制作過程を工夫しています。

今月4月のカレンダーは、お城のイラストに桜の花をあしらったデザインでした。竹串にボンドをつけて花びらのパーツを台紙に貼るだけで完成します。色合いの違う花びらをお好みで組み合わせることで、オリジナルの1枚が出来上がります。ちなみに竹串を使うことで、手を汚さず細かいパーツにボンドをつけることが出来ます。

簡単な工程で季節感あるカレンダーが出来上がるので、普段制作レクを苦手にされているご利用者様にも、気軽に参加していただいています。

ふたつめは「壁掛け飾り」です。先ほど紹介したカレンダー制作より少し制作過程が細かいため、少人数で丁寧にじっくり制作を楽しんでいただいています。毎回季節感を大切にしながら立体感を出すことを心掛けており、制作パーツも細かくひとつ手順を間違えると、あとの工程が大変なことになるときもあります。それだけに仕上がった時の達成感はひとしおです。

今月のテーマは「イースター」でした。イースターはキリスト教のお祭りで、近頃日本でも楽しむ春の風習のひとつとなってきました。

ご利用者様の皆様にはまだ馴染みのない方もいて、「これ何?ひよこ?…ウサギ?」と、デザインの意味についてもあれこれ会話を楽しみながら、制作に取り組まれていました。

アル・ソーレの制作レクは、これからも「二刀流」でご利用者の皆様に楽しんでいただけるよう、頑張ってまいります。


居宅介護支援事業所です。新年度もよろしくお願い致します。

4月 19th, 2021

居宅介護支援事業所の宮城です。

4月16日よりケアマネージャーとして勤務しております。

よろしくお願い致します。

新しい年度を迎え、徐々に暖かい日が増えてきた今日この頃ですが、

新型コロナウイルス蔓延の影響によりストレスの多い生活を送られて

いる方も多いと思います。ストレスを軽減するために、日々のストレス

ケアを心がけてみてはいかがでしょうか。

私は毎日数分でもストレッチや運動する機会を作り身体を動かせる

ようにしています。少しスッキリします。

まだまだ、新型コロナウイルスの影響を受ける生活は続きますが、

私たちケアマネージャーも感染予防対策を十分にとりつつ、

勤めて参りたいと思います。

今年度もよろしくお願い致します。


春を待ちながら

4月 16th, 2021

4月の風が心地良く、花の便りが次々と舞い込むこの頃。つい外出したくなりますが、がまんがまん…

グループホームでは寒い間 色々なゲームを楽しんでいました。

大人気のゲームは 軸に棒がたくさん刺さっており 一本ずつ引き抜きますと ある所で上に貯まったビー玉が一気に落ちて来ます。

皆様 ハラハラドキドキ…

棒を抜いて大丈夫だった時の どや顔。

 

      

  

     

ゲームに負けたら 花の水やり手伝って下さーい。との事で 水やりを始めると 手伝うよ。とこちらでも皆様楽しそうです。ジョーロを持つ人、雑草抜きをする人、シャボン玉まで始まりました。

暖かくなったら 花の手入れも一緒にお願いします。


お誕生日会

4月 7th, 2021

こんにちは特養です。施設の敷地内の桜も満開になり、気温も日に日に暖かくなり過ごしやすい季節となってきました。今年はお花見は出来そうにありませんが、その分

ご利用者の皆様には、少しでも四季を感じ楽しく過ごして行けるよう支援していきたいと思っています。コロナウイルスがなければ、御家族様もご招待しその月の各階の誕生日者の皆様と7階にて合同誕生日会を開催していますが、現在は中止し各階にてお誕生日会を開催しています。こじんまりとはなりますが、その分ご利用者様に寄り添ったお誕生日会を開催しています。今後も、ご利用者様に寄り添い、少しでも楽しんで頂ける様努めてまいりたいと思います。

 


ブログにバーベキュー

4月 2nd, 2021

今年の桜は 早々に満開になりました。

聖火リレーも始まり東京オリンピックに向け、一歩ずつ前進しているのが感じられます。緊急事態宣言解除してからも コロナ対策に課題が残りそうですが…。

さて いつもブログを更新しているのは、広報・福利厚生委員の仕事の一つです。特養・グループホーム・居宅・デイサービスと持ち回りで更新しており、5週目がある月はその時期にあった内容を、各委員会や部署にお願いしています。例えば、食中毒や熱中症については「栄養課」に、防災については「災害委員」に、インフルエンザやノロウィルスについては「感染対策委員」に、と臨機応変に依頼しアップしています。季刊誌の「ぽっかぽか便り」の発行も『広報』になります。

そして『福利厚生』に当る所といえば 親睦会に忘年会です。

親睦会はアルソーレの7階でバーベキューをする事が多く、かなり多くの職員さんが参加します。皆の胃袋を満たす様にと、買い出しから片付けまで担います。このとき必ず消防署に書類も提出しています。

忘年会は出欠をとり、場所、料理はもちろん、ゲーム、景品も決めます。つい景品は自分が欲しいものばかり選んでしまいますね。

沢山の職員さんと交流でき、苦手なパソコンも少しずつ勉強出来て、自分自身成長できたのかなぁと思っています。

見て頂いている皆様に 少しでも利用者様の日常生活と笑顔をお届け出来たら…と思っています。

これからも 楽しい話題アップしていきますね!

 

 

 


春を頂きました。

3月 22nd, 2021

こんにちは。デイサービスです。

「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通り、このところすっかり春めいてきました。気温も4月上旬から中旬を思わせる陽気となり、大阪でもそろそろ桜が開花しそうです。

アル・ソーレの敷地には大きなソメイヨシノの木としだれ桜の木があります。デイサービスの窓からも良く見えて、利用者の皆様も桜の開花を待ちわびておられます。

堺市内にもたくさん桜の名所がありますね。コロナ禍が続く中、今年も残念ながらお花見は出来そうにありませんが、デイサービスの送迎車の窓から見える桜を楽しみにされている方もいます。少しでも桜が長く咲いてくれるといいですね。

桜も楽しみですが、「花より団子」…というわけで、利用者の皆様は毎月のおやつレクも楽しみにされています。

今月のおやつレクは「いちごのロールケーキ」。どうです?赤いいちごと白いクリームのハーモニー。見た目も春らしく、華やいて見えます。

お味はいかが?「うん。美味しい!」「ちょうどええ、甘さやな」と皆様にも大好評!

一足早く、春を頂きました。ごちそうさまでした。


~春~

3月 15th, 2021

こんにちは。居宅介護支援事業所です。
3月も半ばになり広島ではもう桜が咲き始め、大阪でも3月20日すぎに開花予想と例年に比べて
桜の花が見られるのも早くなりそうですね。

春と言えば、、、。
卒業、入学、引っ越し、ひなまつり、花見などなどイベントが盛りだくさんですね。
今年もコロナの影響でイベントも思うように楽しめなくなってますが、
限られた中で楽しみを見つけるのもまたいつもと違っていいかなと
考えをシフトするようにしています。

私事ですが、私の娘は中学で柔道をやっているんですが、コロナ禍の中練習が思うようにできず
部活が再開しても組み合うことができず、筋トレばかりの日々が続いたり、もちろん公式戦や
昇段試合も中止や延期になり、モチベーションを保つのが大変そうでした。

そんな中、顧問の先生の計らいでズームを使って元ロンドンオリンピックメダリストの穴井先生のご指導を
受けられる機会を頂くことができたのです!
子供達にとって貴重な経験で最高の思い出となりました。
コロナ禍でズームが当たり前の社会になってなかったら、この機会は絶対になかったと思います。

今の生活はマスクや消毒、外食の制限等、窮屈なこともたくさんありますが、そればかりに目を向けていると
しんどくなってしまうので、限られた中でもできることを少しづつ探して楽しむことができるといいのかなと
感じました☆